このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に必要な持ち物

旅行に必要な持ち物は、国内旅行の場合と海外旅行の場合ではかなり違ってきます。
国内旅行では、着替えやツアーの引換券などの準備で十分間に合いますが、海外旅行は国境を超えるための手続きが必須となります。
そのために必ず持っていなければいけないものがありますので、紹介していきたいと思います。
まず、絶対に持っていかなくてはいけないものとして、パスポート、航空券(ツアーであれば引換券など)、現金、海外旅行傷害保険(加入していれば)があります。
特にパスポートは忘れてしまえば出国すること自体不可能なので、必ず持っているか入念にチェックするようにしましょう。
また、現金は現地の食事や観光の際に必要です。
外貨の両替はたいてい日本でも現地でもできますので心配ないでしょう。
2種類の通貨が入る旅行用の財布があれば、とても便利です。
その他にも、クレジットカードがあれば万が一現金がなくなったときにも対応できますので持っていくことをおすすめします。
海外旅行保険付帯のクレジットカードであれば、旅行先で盗難や病気に遭ったとき、保険が適用されることがあるのでぜひその特典を活用しましょう。
ただし、付帯保険が適用されるにはクレジットカードで航空券を買う、ツアーに申し込むなどの一定の条件があるので事前に確認しておく必要があります。
次に、日用品として持っていく必要のあるものを挙げたいと思います。
まず、当然のことですが旅行中の着替えの衣服が必要ですね。
行き先がリゾートならば、水着やサンダル、帽子なども忘れないようにしましょう。
そして、高血圧・糖尿病や心臓病などの慢性疾患を抱えているかたは常備薬も持っていくことが大切です。
コンタクトを利用している人は、ケア用品や使い捨てコンタクトも忘れずに持っていく必要があります。
また、海外は日本とは電気事情が違うので、変圧器がいります。
デジカメの充電やヘアアイロンを使う際に活躍しますよ。
その他にも、胃腸薬や風邪薬を持っていれば体調が悪くなっても安心です。
日用品は仮に忘れたとしても、空港の薬局や現地で購入することもできます。
しかし、パスポートなどの貴重品は忘れてしまえば海外旅行ができなくなってしまいますので、貴重品は特に持って出たかチェックしてから家を出るようにしましょう。
Copyright (C)2018大人が楽しむ香港旅行〜海外旅行テクニック〜.All rights reserved.